行政書士業務

こんなご相談はお気軽に

  • ○○したい
  • ○○をxxしたい

よくあるご相談は以下のようなものです。

 

農地を田から畑にしたい

隣接する畑を駐車場に使いたい

通路が狭いので広げたい

太陽光発電施設を設置したい

 

最新の業務日誌はブログで紹介中



静岡県磐田市の岡部不動産・行政書士事務所 岡部直孝(ジュビロ)のブログ

スポンサーになっちゃいましたー♫ (日, 19 6月 2022)
こんにちは。 静岡県磐田市の岡部不動産・行政書士事務所の「おかべっち」改め『ジュビロ』の岡部直孝です。 今回は重要なご報告があります。 岡部不動産・行政書士事務所がジュビロ磐田とスポンサー企業契約を締結しました! 岡部不動産・行政書士事務所がジュビロ磐田とスポンサー企業契約を締結しました! 大事なことなんで2回言いました笑 【新規クラブスポンサー】この度、岡部不動産・行政書士事務所様と契約を締結し、2022シーズンよりご支援いただくことになりました✨▼スポンサー契約のお知らせhttps://t.co/MjIaINxIOW岡部不動産・行政書士事務所様については、こちらをご覧ください️https://t.co/z6K9VzzMri pic.twitter.com/3pIUlsufE7— ジュビロ磐田 (@Jubiloiwata_YFC) February 24, 2022 Twitterではずいぶん前にお知らせしていましたが、Facebookやブログでのご報告を忘れていました 話は確か昨年の12月上旬。 ある日突然ウチの事務所にジュビロ磐田の営業担当Mさんが訪ねてきました。(マスク越しだけどイケメン、たぶん笑) Mさんに「HPやTwitter、FacebookなどのSNSで岡部さんが熱心にジュビロ磐田を応援してくれていることを知りました。是非スポンサー企業契約を結びませんか?」と提案されました。 びっくりして「急なお話だったので、少し考えさせて下さい。」とその場では返事を保留しましたが、クラブ理念や契約内容、スポンサー特典などの話を聞いているうちに興味がふつふつと湧いてきました。 この直後、エクスマ塾103期(オンライン)で近況報告という形で同期の皆んなに報告すると、「チャンスだよー!是非やるべきだー!」と応援されました。まぁ僕が背中を押して欲しかっただけなのかもしれないけど…笑 結果、年末には担当MさんへGOサイン! 年が明けてからジュビロ磐田と正式契約を締結しました。 このスポンサー企業契約でジュビロ磐田のホームであるヤマハスタジアムのバックスタンド通路にウチの企業看板を設置できることになりました。 その後Mさんの案内で無人のスタジアムを訪れ、看板を設置できる候補場所の中から、ちょうど空いていたセンターサークル付近を選びました。 営業担当の方から「もしかしたらTV中継で映る可能性があったりなかったり…」なんて誘い文句が。笑 ウチの事務所はロゴなどないので、看板のデザインはお任せすることにしました。 そして出来上がった看板がコチラ↓ この辺りにありますよー♫ ※ジュビロ磐田のHPから引用 2022年のシーズンが2月19日に始まって約4ヶ月経ちますが、実はまだスタジアムへ行けていません 早く応援に行きたいんですが。。。 体調に不安があって、スタジアムの階段が急勾配なので躊躇しています ヤマハスタジアムへ応援に行った方は是非、僕の代わりに、この看板を探してみてください!! ※ジュビロ磐田から2022年オフィシャルサポーターの盾を頂きました
>> 続きを読む

年末年始の営業についてお知らせ (Tue, 28 Dec 2021)
コロナで始まり感動のオリンピック・パラリンピックを経て、2021年がオミクロン株で終わろうとしています。 オリパラは日本に元気と勇気を与えてくれましたが、コロナ禍がこんなに長引くとは… 誰しも、こんなはずじゃなかったと思っていることでしょう。 こんにちは。 静岡県磐田市の岡部不動産・行政書士事務所の「おかべっち」改め『ジュビロ』の岡部直孝です。 『ジュビロ』はエクスマ塾で付けて頂いたニックネームです。エクスマ塾についてはまた別のブログに書きたいと思います。 久しぶりのブログは、年末年始の営業のお知らせをサクッとやっちゃいますね。 年末年始の営業のお知らせデス!! 年内の営業は今日までで、12月29日(水)から2022年1月10(月)までお休みさせて頂きます。 2022年は1月11日(火)から元気に営業を開始します。 約2週間というチョーーー長い休みですが、4日(火)には土地売買の決済があり、その後も会長(父)や僕も事務所でゆる〜く仕事をする予定です。 なので、ご連絡くだされば対応させて頂きますので、お気軽にお声掛けくださいね。 僕が退院してから2年が経とうとしています。 ということはコロナ禍も約2年続いています。 病気のことがあるのでコロナが終息するまで気が抜けませんが、この状況に上手く付き合っていくしかないですね。 2022年もよろしくお願い致します。
>> 続きを読む